2008年12月08日

にんにくレシピ

にんにくって入れるだけで全体の味が変わりますね。


まずはニンニクについて


ニンニク
分類
界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 単子葉植物綱 Liliopsida
目 : クサスギカズラ目 Asparagales
科 : ネギ科 Alliaceae
属 : ネギ属 Allium
種 : ニンニク A. sativum

学名
Allium sativum L.
和名
ニンニク
英名
Garlic

ニンニク(蒜、大蒜、葫、学名:Allium sativum)とは、ネギ科(クロンキスト体系以前の分類法ではユリ科)の多年草で、球根(鱗茎)を香辛料として用いる。ガーリック(英語 garlic)とも呼ばれる。日本ではニンニクやノビル(野蒜)など根茎を食用とするユリ科の植物を総称して蒜(ひる)と呼んでいたが、特にノビルと区別する場合にはオオヒル(大蒜)とも称した。生薬名は大蒜(たいさん)。語源は困難を耐え忍ぶという意味の仏教用語の「忍辱」とされる。

5月ごろに白い小さな花を咲かせるが、栽培時には鱗茎を太らせるために花芽は摘み取ってしまう。

一般的に見かけるニンニクは分球ニンニクがほとんどであるが、一片種と呼ばれる中国のプチニンニクなどの品種もある。


食材としての活用
中国料理では、球根のみならず葉や茎(いわゆる「ニンニクの芽」)も香味野菜として利用される。その他韓国料理、イタリア料理、フランス料理など、さまざまな料理に用いられる。

香味野菜の代名詞的存在といえ、料理に食欲をそそる香味を付与する。また、畜肉のくせをマスキングする効果も重宝されている。

中華料理・イタリア料理などでは、油が冷たいうちにニンニクのみじん切りを入れて弱火で炒めるのがコツである。火が強すぎるとすぐに焦げてしまう。

皮をむいたニンニクの球根を乾燥させ、粉末状にした「ガーリックパウダー」もある。乾燥させることで生よりもにおいの成分を抑えられることもあり、ガーリックトーストをはじめとする各種料理に用いられている。ガーリックパウダーは吸湿性が高く、開封後は乾燥状態を保持できる環境で保管する必要がある。逆に、わざと少量の水分を加えておろしニンニク代わりに使う例もある。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


にんにくの芽おすすめレシピ

Cpicon 10分で♪豚とにんにくの芽元気炒め☆ by かひめ

にんにく百科


にんにくの芽のレシピです。

そのままでは強烈なため他の食材と組み合わせて調理するとよいです。
上記のレシピを組みあわせ、たまねぎや青梗菜の野菜も加えました。
posted by 炎の調理人 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | にんにくの料理