2008年10月21日

蓮根レシピ

蓮根は歯ごたえがシャキッとする食べ物です。

加工しにくいですが調理しだいではおいしく変身しますよ〜


レンコンについて

レンコン(蓮根)とは、ハスの地下茎が肥大した物で、食用に栽培される。原産地はエジプト、もしくは中国との説もある。はすね、蓮茎、藕などとも書く。主に沼沢地や、蓮田などで栽培される。

内部に空洞があり、いくつかの節に分かれているが、節の長さは品種によって異なる。輪切りにすると穴が多数空いていることから「先を見通す」ことに通じ縁起が良いとされ、正月のおせち料理にも用いられる。また、レンコンを折ったときに見られる糸状の物質は、導管内壁のラセン糸が引き伸ばされて出てきたもの。

旬は10月から3月までで、「蓮根(はすね)掘る」は冬の季語である。

数え方は「1本、2本…」である。助数詞も参照のこと。

可食部(生からの廃棄率は20%)の約80%以上が水分で、残りは炭水化物が約15%、たんぱく質が約2%、灰分が約1%、繊維0.6%等。可食部100gの熱量は66kcal。カリウム、ビタミンC等も含むが、その他の水溶性ビタミン類の含有は微量。脂質並びに脂溶性ビタミン類も殆んど含有しない。 近年、レンコンに含まれる成分が花粉症の治療に効果があるという発表があり、注目を集めつつある。


おすすめレシピ


Cpicon 簡単♪蓮根と鶏モモ肉の炒め煮 by チョコモス

つきこんにゃくがなくしらたきで調理してみましたが、おいしくできました。具材や調味料の量などはあまり気にせずに作りましたが案外それでも味のほうはちょうどよくなりました。

簡単にできるのでお試しあれ♪
posted by 炎の調理人 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 蓮根の料理