2008年10月16日

サラダレシピ

旬の水菜を使いなにかできないかということで、サラダのバリエーションを増やすことにしました。

水菜についてはこちら

ミズナ(水菜、学名:Brassica rapa var. nipposinica)は、アブラナ科の越年草。別名で、キョウナ(京菜)、ヒイラギナ(柊菜)、センスジナ(千筋菜)など。

京野菜のひとつで葉柄が白く、細長い。葉には数多くの鋸歯状の切れ込みがある。寒さに強く、緑の少ない冬から早春の野菜として重宝される。

臭みの無い淡白な味わいとシャキシャキした歯ざわりが特徴で、和え物、鍋物、サラダ、汁物、煮物などにひろく用いられる。

含まれる栄養素はベータカロチン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄分。


βカロチンなどの栄養素なども含まれる水菜は日々の料理に活かしていきたいですね。


おすすめレシピ

Cpicon しゃきしゃきコンビ☆水菜・蓮根・梅サラダ by coco0802
posted by 炎の調理人 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サラダレシピ