2008年09月23日

パプリカレシピ

パプリカは甘味がありサラダにはもちろん、様々な食材と合います。また色が鮮やかなため食卓を華やかに彩ることができます。


パプリカとは?


パプリカ(英:Paprika、学名:Capsicum annuum cv.)はナス科の多年草であるトウガラシ属トウガラシの一栽培品種。

またその果実および果実から作られる香辛料のこと。肉厚で辛みが無く甘い品種で甘味唐辛子とも呼ばれる。日本で流通する果実の多くは赤や黄色であるが、紫色、茶色などの品種もある。

唐辛子の主な辛み成分のカプサイシンが劣勢遺伝子のため、ピーマンやシシトウガラシと同じく果実に辛みをもたないトウガラシの栽培品種である。パプリカの品種をつくり育てたのはハンガリーで、現在も一大産地と知られる。ハンガリー料理にパプリカは欠かせない存在で、シチュー料理グヤーシュをはじめ、数多くの料理に用いられ、かつては国をあげてパプリカを生産保護していた程であった。アメリカでの主な産地はカリフォルニア州とテキサス州。


パプリカの果実はやや大型となり、辛みが無い、もしくはほとんど無い。果皮はやや硬いが、果肉は豊富な果汁を含み肉厚で糖度が高い。果実は加熱調理するほか生でも食べられる。栄養素の構成もピーマンに似るが、ビタミン様物質の一種であるビタミンPを含んでいる。ビタミンPはビタミンCを壊れにくくし、またその抗酸化作用の性質を高める効果をもつため、加熱調理してもビタミンCが失われにくい。

スパイスとしてのパプリカは、種子を取り除いた赤いパプリカを乾燥させ、粉末化したものである。唐辛子にも似た独特の風味を持つが、味や風味が穏やかなため、大量に投入しても料理の味を損なうことは無いと言われる。鮮やかな赤色で、黒く焦がさない限りは調理しても赤味を保つため、料理を彩る色彩としても用いられる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


◆お勧めレシピ

豚肉とパプリカのカラフル炒め
posted by 炎の調理人 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | パプリカの料理