2009年10月13日

おでんのおいしい作り方

炊飯器に入れて保温で1日で簡単、旨くできあがります。

やっぱり、おでんは汁が決め手

一番だし 5C
ガラスープ 2C
塩  小2
薄口醤油 大1

だしをひいて作るとおいしいです。



おでんスープの鍋の中に、まずは、硬いもの、味のしみにくいものを入れて、煮込んでいきます。

まず、大根、ジャガイモ、こんにゃく、卵を入れます。

それから、味を出してくれるもの、つみれ、ウィンナー、ごぼう天、、、等。

30分ちょっと煮込んでバスタオルにくるみ、更に新聞紙でくるみます。

これを半日〜1日放っておきます。

翌日には、大根、ジャガイモは柔らかく、こんにゃく、卵にも味がしみて、手がかからなく、とっても美味しいです。
(バスタオル&新聞紙は、ガス代の節約にもなります。)

・はんぺんは、ずっと鍋に入れておくと、縮んでふんわり感がなくなるので、食べる直前に入れます。

・卵は、買ってきたばかりの新鮮なものよりも、しばらく経ったも卵の方が皮がきれいに剥がれます。お料理は、見た目も大事なので、卵は、新鮮すぎないもの(決して古いものではないけど)がお勧めです。

・大根は、輪切りにして両方から十字を入れます。食べやすく、味もしみやすくなります。



普通に作ってもおいしいのですが、今までに一番おいしかったのは、学生時代、学祭で鳥のガラをいっぱい買ってきて寸胴で半日に込みそのスープで煮込んだおでんは最高においしく、大好評で売れきれました。

そこまで行かなくても普通のスープのもとなどでもよく具にとにかく好きなものをいろんな種類をいっぱい入れるのがコツだと思います。

てんぷら系統は多いほどダシがよく出ます。

うちで好評なのは、たこ・すじ・かしわ・大根・はんぺん・じゃがいも・こんにゃく・あつあげ・ひろうす・ごぼうてん・ひらてん・ころ・たまご・ロールキャベツ・ウインナー・じゃこてん等です。



おでんオススメレシピ



http://www.shima7.com/resipi/oden.htm

http://oden-miyosi.com/odennnotukuri.html

http://www.kibun.co.jp/enter/oden/


一般的には「からし」ですが二杯酢につけて食べると美味しくいくらでも食べられます。
 
posted by 炎の調理人 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 煮込み料理